好きになるのに、理由なんているか?

あなたと出会ったのは、

出会い系アプリである。

 

あなたは横顔かつ

少し俯き加減の写真をモノクロにして、

プロフィール写真に使っていた。

少し顔がわかりづらい。

 

ただ、あなたには何故か惹かれていた。

「会ってみたい。」そう思った。

顔はわからない。でも惹かれていた。

 

あなたの生息地の近くに、

ボクが遠征に行くことがあった。

 

ボクは思い切って、

あなたにメッセージを送った。

返事はすぐに返ってきた。

なんだか、嬉しかった。

 

その時は、出会うことができなかった。

 

それから1ヶ月後、今度はあなたが、

ボクの生息地付近に来る予定があった。

あなたは連絡をくれた。

なんだか、嬉しかった。

 

ボクはこのタイミングを

逃したくなかったから、

「会いたい。」と伝えた。

それほど、会いたかった。

 

 

その時ボクらは、出会うことができた。

 

 

写真を見て、惹かれて、

 

そして

いつから好きになっていたのか、

よくわからない。

 

そもそも好きって

なんなのだろう?

 

好きになるのに、

理由なんてないよ。きっと。

 

ここでその瞬間、出会えたんだから、

そこでこの瞬間、奇跡が起こったんだから、

 

とことん、どっぷり、

好きなったらいい。

好きになってもらえばいい。

 

HirO

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

働く姿勢を変えろ!!

恐れの正体

ご縁が、繋がる。

世界

【 絵本 】泣いた赤鬼

繋がるほど、満たされる。