実は見てるし、実は見てない。

【 見てくれる人は、

ちゃんと見てくれる。】

 

このメッセージが、最近よく、

ボクのところに届く。

 

そして、こんな風に想う。

 

【 どうせ、誰も見ていない。】

 

ボクは、両方あると想っている。

両方真実だと想っている。

 

ボクはこんな風に使い分ける。

 

 

「こんなこと言って大丈夫なのかな?」

「あの人はなんて思うんだろうな?」

 

言っちゃダメな言葉が、

自分の中にあると気づいた時。

ボクは自分の内側で、

こんな風につぶやく。

 

「どうせ、誰も見ていないんだから。」

 

そうすると、言うこと、

発信することができたりする。

ボクにとってこれは、

とても貴重な【 一歩 】である。

 

 

そして、

FacebookとかTwitterとか、

反応が薄く感じられた時、

 

「見てくれる人は、ちゃんと

見てくれてるから大丈夫。」

 

この言葉によって、

ボクの次の【 行動 】が

生み出されていく。

 

相手がどうこうではなくて、

相手は自分をうつす鏡であって…

結局は、自分の中にある【 ソレ 】を

見つけられるかどうか…。

 

なんだよなあ。

 

HirO

 

 

P.S.

動画でご覧になりたい方は

こちらをどうぞ。↓↓↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生まれてきて、よかったね。

ボクは、お金が欲しい。

あなたがお金で悩む理由

宝箱

手紙に言葉を乗せると、感情が溶けてゆく。

やくそく