我権力を欲す

ぼくは、力が欲しくって、

すごい人に近づけば近づくほど、

なんだか自分に

力が宿ったような気になって。

 

「あっ自分なんかいい感じかも。」

っておもって…。

 

 

でもある瞬間に、ハッと気づく。

そして声が聞こえてくる。

 

 

「あれっ、なんかおかしくない?」

 

 

夢から醒めて、

全てが幻想であることに気づく。

良しも悪しも、

存在しないことに気づく。

 

そもそもあのすごい人は、

本当に存在していたのだろうか?

とさえおもう。

 

そしてぼくは、

ぼくに戻ることができる。

 

すべてが、

本当の自分に戻るための

とうとい経験なのだなと、

おもう。

 

HirO

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゲイビデオに出てから、人生ひらけてきた。

世界はムゲンにひろがる

恐れの正体

どっちが、楽しいか。

寂しいキモチ

ボクらの存在価値