所属したい、という欲望。

自分の外側に答えを求めると、

しんどくなることが多い。

 

僕の場合は、鬱になるとき、

疑問を感じ、自分は鬱であるという

確信を得るための情報を集め、

「鬱」というグループに属した。

そんなイメージ。

 

趣味の集まりもそうだと想う。

「趣味」というグループに属している。

 

「ゲイ」もそう。

コミュニティに属しているのだ。

 

自分を相手にわかりやすく説明する際に、

それらの言葉を使うのはいいと想うが、

それがあなたの全てではない。

 

グループやコミュニティなので、

あなたはいつでもそのグループから

出ることもできる。

 

そういう感覚でいると、

自分の変化も受け入れやすく

なるのではないだろうか。

 

HirO

 

 

P.S.

動画でご覧になりたい方は

こちらをどうぞ。↓↓↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不安な人ほど、うまくいく。

東京、二人目。

お金は、稼いだ方がいい。

捨てて、捨てて…。

出ました…。禁断症状…、

「普通」に感謝する方法