チームの雰囲気が悪いから、 なんとかしたいと思っているあなたへ

あなたは誰よりもチームのことを考えていて、誰よりも自分ができることは何かと考えていて、だからチームの誰よりも悩んでいる。チームの誰よりも、報われない想いを抱えている。あなたを見ていると、何か力になりたくて、仕方がなくなる。

 

   ただ僕も、どうやったらあなたの力になれるのか?どんな言葉をかけるべきなのか?まだわからないんだ。どの場所から、あなたを支えるのが一番いいのか?どうすればあなたを包み込めるのか?まだわからない。ごめん。

 

   もっともっと、でっかくなるから。あなたのこと全部包み込めるくらいに、もっともっと、でっかくなるから。少しだけ待ってて。

 

   あなたのあの一言が、僕を突き動かしているのだよ。

   ほんとに、いつもありがとう。

 

令和元年5月7日

                                                 増田 孝宏

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

母へ

だいじょうぶ

世界に1つだけの葉書

紫陽花が咲く頃