死にたいと言うあなたへ

   あなたは、僕の目の前で、「死にたい。」と言う。ボクには、あなたのそれが、「生きたい。」に聞こえる。

 

   あなたは毎日どんなことを考え、日々この世界の何を見て、いつもどんな感情を感じながら、生きているのだろうね。

 

   あなたは、沸き起こってくる感情があまりにも多すぎて、混乱しているのかもしれない。自分から沸き起こってきたとは信じがたい感情も、その中にはあるのかな。どうしようもなく苦しくて、息をするのもやっとなのかもしれない。それはそれは、とても苦しくて、「死んだ方が楽だ。」と思っても仕方のないことなのかもしれないな。

 

   ただ、本当はどっちなんだろうね。あなたの望みは、どっちなんだろう。あなたの口から聞くまでは、あなたの「死にたい。」が「生きたい。」に聞こえるのは、ただのボクの想像でしかない。ボクはあなたが、本当に望む方にしか、背中を押すことが出来ない。

 

   もし、「生きたい。」が本音であれば、ボクはあなたの背中を押すから。当たり前だ。そのためにボクが、今あなたの目の前にいるのだから。

 

   もし、「生きたい。」が本当の望みなら、どうか…

       「 生きたい。」と言ってくれ。

 

 

令和元年5月11日

                                                 増田 孝宏

 

 

追伸 : 

   ワンピースのエニエスロビー編、ルフィとニコ・ロビンのかけ合いを思い出す。

 

ロビン : 

「助けに来てほしくもなかった。いつか落とす命なら、私は今、ここで死にたい。」

 

ルフィ : 

「まだ、お前の口から聞いてない。生きたいと、言えー。」

 

ロビン : 

「もし、本当に少しだけ、望みを言ってもいいのなら…生ぎだぁい(泣)。」

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ワンピース】ニコ・ロビン編

https://youtu.be/Usw4lm3XlkQ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

母へ

世界に1つだけの葉書

だいじょうぶ

彼に振り回され、疲れ切ってしまったあなたへ

紫陽花が咲く頃

チームの雰囲気が悪いから、 なんとかしたいと思っているあなたへ