お金を、失う。

お金について考えていた。

 

使うお金には”2種類”

あるのではないかと思った。

 

「使わされているお金」と、

「自ら使っているお金」だ。

 

使わされているお金は、

察しがいい人は想像がつくだろう。

 

他人発信で使わされるお金のことだ。

もちろん全ての人に当てはまるとは限らないが、

典型的な使わされているお金とは、

こんなイメージではないだろうか?

 

「〇〇さん今日飲みに行きましょうよ。」

という同僚や上司からのお誘い。

 

「〇〇さん来月京都行きましょうよ。」

唐突な友人からのお誘い。

 

「△△さんにプレゼント買うんですけど、

〇〇さんも一緒にどうですか?」

なぜ自分?と思うようなお誘い。

 

「今日孫が遊びにくるんだから、

プレゼントでも用意してあげたら?」

という家族の何気ない一言。

 

これらの場合は、往々にして、

「断れない。」

「みっともない姿は見せられない。」

という我々の奥深くに

根付いた恐怖に語りかけてくる。

 

神様も、

僕らを適度にいじめてくる。笑

 

これらはわかりやすい例をあげたつもりだが、

他にも色々あると思う。

考えてみたら、面白いかもしれない。

 

反対に「自ら使うお金」とは、

これも全ての人の当てはまる訳ではないが、

「1ヶ月前、1年前からここにお金を使う。」

と決めて使っているお金だ。

 

少し表現が難しいが、自分で「使う」と

決めているかどうかが大事なポイントだ。

 

あなたは、一生懸命稼いだお金を、

失ってはいないだろうか?

 

HirO

 

 

P.S.

動画でご覧になりたい方は

こちらをどうぞ。↓↓↓↓↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

楽しんだモンが、勝つ。

【 絵本 】ぼくを探しに

目が合うだけで、安心するということ。

受け取れない病

やる理由なんてないしやらない理由なんてない

流れる水は、清らかに。