どんな人にも必ず働いている「鏡の法則」

こんにちは。

HirO(ひろ)です。

 

今日は

 

「どんな人にも必ず

働いている【鏡の法則】」

 

についてお話しさせて頂きます。

 

これをマスターすれば、

人間関係のみならず、

あなたの人生のあらゆる事柄が

 

不思議と

想うようにどんどん

スムーズになっていきますので、

ご興味のある方は

ぜひ読んでみて下さい。

 

それでは、

お話ししていきます。

 

あなたは

こんな言葉を

どこかで聞いたことが

あるのではないでしょうか?

 

「人は自分の鏡である。」

「人のふり見て我がふり直せ。」

 

 

これは、

あなたの人生が

最高になるようなとっても

大切な言葉の1つです。

 

これは

タイトルにもありますが、

どんな人にも必ず働いている

「鏡の法則」のことを言っている

と僕自身は解釈しています。

 

 

 

「【鏡の法則】って何なのか

はやく説明しろー!!」

 

 

と想われる方もいらっしゃるかも

しれませんので、

早速説明していきますね。

 

 

目の前の方を

あなたは

 

”あなた自身の解釈”

 

で見ています。

 

そのあなた自身の解釈というのは、

あなたとは別のある方が見ると

違った解釈になるわけです。

 

ここまでよろしいですか?

 

同じ出来事

同じ人

同じ物

同じ景色

 

を見ていたとしても、

 

あなたと

その他の人との

解釈は異なる

 

ということです。

 

いきなり

とっても大切なことです。

かなりのポイントですので、

ぜひ押さえておいてくださいね。

 

 

つまり、

あなたの解釈を持ってして、

全ての人や、

全ての景色や、

全ての物や、

全ての出来事を見ている

 

ということです。

 

つまり、

あなたが見ているものは

あなたが

 

ーーーーーーーーーー

自分の中で作っている解釈を通して見ている

ーーーーーーーーーー

 

はいまたこれめっちゃ大事です。

 

言い換えると

どんな人も自分の作った色眼鏡をかけて、

物事、出来事、人を見ているということです。

 

だからあなたが見ているもの

 

目の前にある者

目の前に居る人

目の前で起こる出来事

 

はあなたの内側(解釈)を

写している鏡なのです。

 

あなたの心がどう想っているかを

写している鏡なんです。

 

今日のお話し、

あなたの人生において

とっても大切なお話しになっていると

想いますので、

ぜひ何度も読み返してみて下さいね。

 

今回は以上になります。

 

今日も

読んで下さって、

ありがとうございました。

 

HirO(ひろ)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みんなあなたの話を聴いてないという真実

「言」と「動」の一致が信頼を生む

引き寄せの法則を自分の人生に活用する方法

自分と向き合わないと変わらない

自分自身との人間関係

愚痴った方がいい理由