全ての源は?

HirOです。

 

全ての源は、

自分である。

 

この考え方をなんとなくだけど、

受け入れられて来たような感じ。

 

これが

「引き寄せの法則」だし、

「宇宙の法則」だし、

「鏡の法則」のことである。

 

目の前に現れた人は、

自分が選択して引き寄せた人なのだ。

 

そして目の前で起こった出来事も、

自分が望んで引き寄せたのだ。

 

25歳までは今から言うような感じで生きてた。

 

「なんでこの人は全然変わんないんだろう?

どう見てもうまくいってないのに。

こうしたらいいのに。

なんで変わろうとしないんだろう?」

 

その人をそこに留めていたのは、

僕自身だった。

 

「自分がこんなに苦しい想いをしてるのは、

周りの人のため(せい)だ。

でも僕は立派な大人になるために

この苦しみを我慢して

乗り越えなければならないんだ。」

 

苦しみを選択していたのは、

紛れもなく自分だった。

 

こんな当たり前のことに気づくのに、

僕の人生では25年が必要だったようだ。

 

「全ての源が自分」

だなんて最初全然認められなかった。

 

「責任を取りたくない。」

とか。

「俺のせいじゃない。」

とか。

 

いろんな呟きが、僕の中から

溢れてきて。

 

「あー俺ってこんなこと思ってるんだな。」

って。

 

最初抵抗してて苦しかったけど、

僕がやることはそれを

受け入れることだけだった。

 

「全ての源が自分だ。」

って受け入れるのが嫌な人も

いるかもしれないけど。

 

僕はこんな風に思う。

 

「全ての源が自分」

を受け入れたら、

「不可能がなくなる」

 

人生の中で、

どうしようもないこと(不可能)

が消えてゆく。

 

どんどんどんどん

人生が軽やかになってゆく。

 

僕はそれを望んだようだ。

 

HirO

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引き寄せの法則を自分の人生に活用する方法

言葉が全てではない

感情=結果

自分の自己紹介文を作る

良い気分でいること

執着を手放すために