自分がクズ人間だと知れば、人生は素晴らしいものになる

今日も読んで下さってありがとうございます。

僕が自分のことをくそったれだと認めた話

今回は、

僕がクズ人間であることを認めたお話をします。

 

なぜそんな話をするのか?

 

それは、僕がクズ人間であると

自分で認められなかった時期を経て、

”ある出来事”をきっかけに自分と

向き合わざるを得なくなった時に、

 

「自分が如何にくそったれ人間であるか?」

を考え、向き合い、受けいれ、

認められる瞬間がありました。

 

その瞬間から僕の人生は大きく、

おもしろく、少しずつ幸せなものになっていきました。

そのお話をお伝えすることで、人生において、

悩みや不安や恐怖を抱えて生きていらっしゃる方への

なんらかのヒントになればいいなと想って書かせていただきます。

僕が自分と向き合わざるを得なかった”ある出来事”とは?

その出来事とは、

 

 

”うつ病”です。

 

 

「なんでうつ病になったのか?」

おそらく、良い人間、かっこいい人間、完璧な人間、

できる人間になろうとし過ぎた、

自分の”傲慢さ”が招いたことだと想っています。

 

一時期は本当につらかった。

でも、そのうつ病という経験も今は、

”最高の出来事”だと想えます。

うつ病が最高の出来事?

うつ病が最高の出来事だと聞いて、

「なんだこいつ、意味のわかんないこと言って。」

と想われた方もいらっしゃるかもしれませんし、

 

「うつ病を乗り越えたいんですね。素晴らしい。」

と想ってくださる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

まあどちらにせよ、

僕は相当の”変態”であると自負しています。

うつ病を経験するまでは、

そんな自分の変態な部分が認められなかった。

 

でも今は、「変態な部分」も

自分の一面であると認めることができて、

自分のことを大切にしたり、

愛したりできるようになったのです。

 

うつ病のおかげです。

うつ病を経験する中で、僕の思考や行動が変わっていき、

結果として、人生を幸せなものにしていく

”決意”ができました。

あなたが自身の人生を幸せなものにしていきたいなら

「自分がくそったれな人間だと認める。」

そして、

「人生を幸せなものにしていくと”決意”をする。」

これが、人生を幸せなものにしていくために

とっても大切なプロセスであると想っています。

 

もし、あなたが今、人生において

悩みや、妬みや、憎しみや、怒りや、憤りや

そんな感情を抱いていて、

苦しかったり、つらかったり、怖かったり、怯えていたり

するのであれば、その感情を見つめてあげましょう。

具体的にどんなステップを踏めばよいのか?

 

STEP.1

自分に「今何を感じている?」と聞いてみる。

STEP.2

「私は今〇〇だと感じている。」と心の中でつぶやく。

 

これだけです。簡単です。

そう、

人生を幸せに豊かにしていくことは簡単なのです。

「自分のことを自分自身でしっかり見てあげる。」

それは、”自分自信に対する最高の愛情表現”です。

 

自分に最高の愛を注げれば、

あなたの周りの人にも愛を注げるようになります。

そして、あなたの周りには愛が溢れます。

あなたは幸せを感じられます。

 

とっても大切なことを最後にお伝えしますね。

 

 

 

「幸せを感じようとした人が幸せになれる。」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

HirO

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やる理由なんてないしやらない理由なんてない

【究極の選択】あなたはどっちを選ぶ?

自分を傷つけるのは、もうやめる

言葉が全てではない

人生の目的を見つける

言葉は曖昧で簡単に人を傷つける