彩雨

あなたに手紙を書こうとした日、

外では、雨が降っていた。

 

これも何かの「縁」かと思い、

ボクは、雨を描くことにした。

 

ボクはあなたに、

彩りの雨を贈ると決めた。

 

彩雨はあなたの傘を濡らし、

彩りの傘に染めてゆく。

 

彩雨に染められたその傘は、

あなたが持つにふさわしい。

 

HirO

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

その先に、自由がある。

世界

つまり

迷い

人が、生きる。