あなたの周りの人は皆スタンバイOKだということ

こんにちは。

HirO(ひろ)です。

 

いつもありがとうございます。

 

今日は、

 

「周りの人はみんな

既にあなたを助ける

スタンバイOKの状態」

 

というお話をします。

 

よければどうぞ

読んでみて下さいませ。

 

さて、

あなたの周りには

あなたを助けてくれる人、

存在ってどれくらい

いるでしょうか?

 

100人?

10人?

5人?

3人?

1人?

0人?

 

あなたが困っている時に

助けてくれる人は

何人いるでしょうか?

 

あなたの心の支えとなるモノは

いくつあるでしょうか?

 

 

早速ですが、

 

ここからが

今日僕からお送りする

大切なメッセージです。

 

ぜひ手帳などに

メモしてみて下さいませ。

 

ーーーーーーーーーー

あなたが困っている時に

助けてくれる人

支えてくれる人は

 

「あなたの周りに居る人全員」

 

である。

ーーーーーーーーーー

 

つまり、

 

あなたが今まで

出会ったことのある人数

あなたを支えてくれる人数

 

なんです。

 

 

「そんなアホな!!」

 

 

「またHirOさん変なこと言い出したよ。」

 

 

「ありえないでしょー。」

 

 

そんな風にあなたは

想われているかもしれません。

 

 

あなたが

信じるか

信じないかは

 

僕はどうしようもないことなので、

あなた自身で決めて

頂いたらいいことなのですが、

 

 

要は

「あなたの解釈を変える」

 

イメージとしては

 

「解釈の幅を広げる」

「コンフォートゾーンを広げる」

という表現もありますが、

 

「広げる」

そんなイメージです。

 

 

もし、

あなたが、

 

 

苦しいのに、

一人で耐えているとしたら、

 

 

困っているのに、

一人で向き合い続けているとしたら、

 

 

行き詰っているのに、

誰にも「助けて!!」

って言えていないとしたら、

 

 

一番近くに居て下さっている存在に

一声かけてみるのはいかがでしょうか?

 

 

一番近くで見守って下さっている存在に

聴いてみるのはいかがでしょうか?

 

 

あなたの

解釈が変わったり

視野が広がったりして、

 

目の前の課題が

あっという間に

消えてしまうかもしれませんよ。

 

よければ

ぜひ今日の言葉

受け取ってみて下さいね。

 

最後まで読んで下さって、

ありがとうございました。

 

HirO(ひろ)

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

断ち切る、飛び込む。

本音でつながる仲間をつくるには?

伝えようとしなければ始まらない

仕事がなかなか進まないのは?

「助けて」って言えばいい

「興味があるのかどうか?」自分に訊いてみる